画家の塚田麻美さん

Blog

【入場無料】10/5-10清野光 HANANINGEN展―象徴の化石―

花人間展4日目有り難うございます!

私には夢があります。

お花でいっぱいのカフェをつくること、障害を持つ人が生きやすい社会をつくること。

その夢を一緒に叶える方法を見つけました。

アートで繋がる花と愛×発達障害支援カフェHANANINGEN植物珈琲店をオープン

真剣に聞いてくださって嬉しかった。

画家の塚田麻美さんは仮死状態で生まれて、将来歩くことはなど出来ないと医師に診断されていた。

しかし、言葉でコミュニケーションをとり、見たいものを見るため自分の足で歩き、たくさんの鳥の絵を描いている。

画家 塚田麻美さん

『鳥はいろんな色があるから』そう教えてくれた。

今度、麻美さんの写真を撮らせていただくことになった。

私たちは”障害者アーティスト”ではない。

障害を持っているというひとつの個性があるだけのアーティストだ。

作品に障害がどうのなんて関係ないじゃないか。

彼女はボウリングにハマっているらしい。

その腕前も上々だ。

人間は無限の可能性を秘めていることを改めて感じる一日だった。

【Instagram】HANANINGEN TOKYO 植物-珈琲店-

【撮影メニュー】発芽のお品書き

【お問い合わせ・ご予約はこちら】

最後まで読んでくださり有り難うございます。
『世界一花を愛せる国を作る』 清野光/Hikaru Seino氏の理念に共感し、華道人物写真家 切明良太/Ryota Kiriaki氏の写真に魅せられて、G-familiarの一員として東京都世田谷区経堂でお花を広める活動を営んでおります。

人生が好転する不思議なフォトスタジオ 植物-珈琲店-

HANANINGEN TOKYO 植物-珈琲店- オーナー 橘しおり/Shiori Hana Tachibana
この広い世界でめぐり逢えたご縁に感謝します。
貴女の一日が今日も素晴らしいものでありますよう、願いを込めて。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。