妥協しない、最高をお渡しする

Blog

rはレタッチ工程で途中保存するたびに足しています。
1枚5,500円のレタッチ料金はお客様に最高をお渡しするための技術料です。
1枚2時間、もっと(4〜5時間)かかることもあります:(;゙゚’ω゚’):
今回のものは5時間くらいかかっているような気が…。
(※技術の向上と共に徐々に値上げしています。)


花生け、撮影したら終わりではなく。
レタッチにプライドを持って仕事をしています。
現在、HANANINGENの撮影は55,000円です。
決して安い金額ではない撮影料金をお支払いいただき、どんな想いで撮影に来てくださっているか毎回考えます。


華道家、写真家になる以前は同じように撮影される側でした。
いろんな私を映してくれるキリアキさんの撮影が大好きだった。
それは彼が目の前の人間に向き合ってくれていたからだと思う。
言うまでもなく、納品データのレタッチも素晴らしかった。


妥協しない。
いつでも本気です。


撮影は共同創作で、被写体とカメラマンが独りよがりになっていては良い作品は出来ない。
私はただシャッターを切っただけの中身のない写真は撮りたくない。
テキトーにレタッチした写真を納品したくない。
時間がかかってもお客様に最高をお渡ししたいのです。

【Instagram】HANANINGEN TOKYO 植物-珈琲店-

【撮影メニュー】発芽のお品書き

【お問い合わせ・ご予約はこちら】

最後まで読んでくださり有り難うございます。
『世界一花を愛せる国を作る』 清野光/Hikaru Seino氏の理念に共感し、華道人物写真家 切明良太/Ryota Kiriaki氏の写真に魅せられて、G-familiarの一員として東京都世田谷区経堂でお花を広める活動を営んでおります。

人生が好転する不思議なフォトスタジオ 植物-珈琲店-

HANANINGEN TOKYO 植物-珈琲店- オーナー 橘しおり/Shiori Hana Tachibana
この広い世界でめぐり逢えたご縁に感謝します。
貴女の一日が今日も素晴らしいものでありますよう、願いを込めて。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。